産まれる

自然分娩も帝王切開も産みの苦しみは同じ【現代医学の帝王切開のメリット・デメリット】

  • #帝王切開
  • #自然分娩
  • #苦しむ

日本における出産の、約1/4が帝王切開です。決して少ない割合ではないはずのですが、自然分娩(経膣分娩)の人からすると、帝王切開で出産した人は『楽をした』と大きな誤解をされがちです。

自然分娩でしか産んだことのない人で、心無い人から、

『出産の大変さを知らない』

『痛くなくて良かったじゃない』

『次はちゃんと出産してね』

『陣痛の痛みを知らないから愛情が持てるわけがない』

『帝王切開だから赤ちゃんはアレルギーになりやすい』

と言うような、ひどい言葉を投げつけられた、帝王切開で産んだ人は本当にたくさんいます。

けれど、そのすべてはとんでもない誤解です。また、帝王切開は自然分娩に比べて産後の痛みがかなり長く続き、完全な回復には約1年かかるため、出産で感じる全体的な痛さは自然分娩と変わらないと考えたほうがいいでしょう。

この記事では

・帝王切開はどんな時に行うか

・自然分娩とは違う帝王切開のメリット・デメリット

・帝王切開で生まれた赤ちゃんは本当にアレルギーが多いの?

ということについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

帝王切開はどんな時に行うか

基本的に、自然分娩だと、赤ちゃんか母体に危険があるときに帝王切開を行います。もちろん、自然分娩だと赤ちゃんと母体両方に危険がある時も行います。

帝王切開自体は、ビキニラインにあたる下腹部部分を10~15cmほど切開して行うのが一般的です。

帝王切開は、陣痛が痛い、お産を楽にしたいなどの理由で行われることはありません。自然分娩で出産するには、リスクが高いときにのみ帝王切開が行われます。自然分娩で産める条件がそろっているなら、そのほうが母子ともに出産時のリスクや出産後の負担が低いためです。

帝王切開は、計画的に行う時と緊急的に行う時に分けられます。主に下のようなときに、予定帝王切開を行います。

☆予定帝王切開(選択的帝王切開):

・前置胎盤(胎盤が子宮の出口を覆ってしまっている)

・母体が慢性疾患(高血圧、心臓病、糖尿病、肝疾患など)

・高齢初産で、自然分娩をするには母体への負担が大きすぎる

・母体に子宮筋腫摘出など子宮の手術歴がある

・以前に帝王切開で出産している

・母体が赤ちゃんに影響のある感染症にかかっている(最近だと新型コロナウイルスなど)

・骨盤位(いわゆる逆子)

・赤ちゃん側の問題や病気などで赤ちゃんが自然分娩に耐えられない

・赤ちゃんの頭が母体の骨盤に比べて大きすぎる

・赤ちゃんの発育が良くない

・双子や三つ子(多胎児)

また、下記のようなときに、緊急帝王切開を行います。緊急のときは事態が逼迫しているため、お母さんは帝王切開になった理由をよく理解できていないことも多いです。

☆緊急帝王切開:

・早期胎盤剥離(赤ちゃんが生まれるよりも早く胎盤が剥がれてしまい、赤ちゃんが酸素不足になってしまう時)

・胎児ジストレス(赤ちゃんの心拍数が異常で、仮死状態などの可能性がある時)

・遷延分娩(初産婦で陣痛30時間、経産婦でも15時間以上陣痛が続いているのに子宮口がなかなか開かない時)

・破水後、子宮内に雑菌が入った

・子宮が破裂する兆候が出ている

・へその緒が先に出てしまった、または出てしまいそう

・へその緒が絡まっている

・赤ちゃんが未熟児

遷延分娩などだと、陣痛で文字通り死ぬほど苦しんでから帝王切開という、出産の苦しみ二重取りなケースもあります。下にも詳しく書きますが、帝王切開は、自然分娩に比べて、決して楽なものではありません。

自然分娩とは違う帝王切開のメリット・デメリット

☆メリット

・会陰切開の可能性がない

・会陰が裂ける危険がない

・子宮下垂や子宮脱が起こりにくい

・痔になりにくい

・尿もれを起こしにくい

経膣で出産しないため、これらのメリットが発生します。

・予定帝王切開であれば仕事の調整や立ち会い出産の予定が立てやすい

これはお母さんにもお父さんにも嬉しいメリットです。あくまで予定帝王切開のときしか出来ないことですが。

☆デメリット

・帝王切開時の麻酔薬でショック状態を起こす可能性がある

これは、麻酔を使うなら帝王切開でなくても起こりうることですが、帝王切開のデメリットの1つとしてよく挙げられます。ショックとまでは行かなくとも、麻酔で顔がパンパンにむくんでしまい、産みたての赤ちゃんとのツーショットが自分史上最大にひどい顔になってしまった、という人もいます。

・赤ちゃんの肺に羊水が残りやすく、新生児一過性多呼吸になりやすい

赤ちゃんに障害が残ることはまずない症状なのですが、母乳をあげるのが大変になるので、これもデメリットとなります。新生児一過性多呼吸は、生まれて数時間で多呼吸となりますが、通常は2~3日で治まります。

・自然分娩に比べて母体の産後の回復が遅い

これが、帝王切開の最大のデメリットです。傷跡の痛みと後陣痛(子宮収縮)が相乗効果を起こしてとにかく痛く、傷の治りにもとても時間がかかります。

自然分娩だと産後すぐ赤ちゃんを抱いたり立ち歩いたりできますが、帝王切開だとどれも非常に痛みを伴う作業で、大量の痛み止めと相当の気合がないと出来ません。

帝王切開だと4~6週間はまともに動けないものだと思ったほうがいいです。内部まで完全に治るには、1年は必要と考えられています。

・産後すぐは何をするにもとても痛い

特に帝王出産で切開した後の3日間、傷跡に炎症が起きているときが1番に痛いとされています。痛み止めは病院から処方してもらえますが、それでもなお痛いのです。体験談としては

①しゃべるだけで痛い

②腹筋に力を入れると痛いので寝返りも打てない

③腹筋が使えなくて起き上がるのも痛い

④歩く以前にまず立つ練習が必要なくらい痛い

⑤点滴台にすがって歩いても痛すぎて秒速5センチメートル

というのがあります。『産後3日は座るも立つも地獄の痛み』とまで言う人もいます。

・出産後3日間が痛みのピークなのに出産翌日から歩かされる

長時間ベッドに横たわると、エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)が起きやすいため、よほど状態が悪くなければ、血栓防止のため、どんなに痛くとも歩かされます。

といっても、起き上がるのにも立つのにも一苦労の状態です。歩いたとしても、おばあちゃんのような足取りでしか歩けません。痛み止めを遠慮なく投与していてもこの状態です。導尿カテーテルを入れていることもあるので、よけいに歩きにくいです。

歩くコツとしては、すり足で歩く(腹筋に力を入れず足を曲げないように歩く)というのがありますが、カタツムリのごとき速度です。動きもたいへんぎこちなくなります。

・母乳が出るのが遅いことがある

帝王切開だと、母乳が出始めるのが遅いことがあります。産後0.5~1時間で赤ちゃんに授乳して初乳を与えるようにすると、母乳分泌が促進されやすいと考えられていますが、帝王切開だと傷が痛すぎて、そのタイミングでの赤ちゃんを抱いて授乳するのがうまく出来ないことが多いためです。

病院のスタッフさんや旦那さんなどに、赤ちゃんを抱っこする介助をお願いして初乳を授乳したり、楽な姿勢で初乳を搾乳してから哺乳瓶で授乳したり、傷の痛みが収まってくる4日目から、とにかく授乳回数を増やして乳房を刺激したりすると母乳が出やすくなりますが、自然分娩の人に比べると、やはり、かなり面倒です。

また、帝王切開だと、産後数日経ってからしか授乳させてくれない病院もあるので、そのときは搾乳して初乳を出して、それをスタッフに預けて赤ちゃんに飲ませてもらうしかない、ということすらあります。

・傷跡がかゆくなる

帝王切開後4日目からすると、傷が徐々に回復期に入って行きますが、細胞が増殖して傷をふさぐこの期間、傷みだけでなくかゆみまで出てきます。赤みも出ます。非常に不快です。

・退院しても、まだまだお腹は痛い

自然分娩だと入院期間は5,6日ですが、帝王切開だと7~10日は入院します。そして、退院してみたところで、まだまだお腹は痛いです。約1ヶ月は、お腹が痛くてろくな家事はできないし、すべきではありません。退院したては、痛くて痛くてしゃがむこともできません。

西原理恵子さんという漫画家の描くエピソードで、兄嫁が2人目の赤ちゃんを帝王切開で出産・退院した直後、諸事情で育児を手伝ってくれる人が誰もいなくて、けれどお腹が痛くてしゃがむことが出来なくて、赤ちゃんを台所で沐浴させたエピソードがあります。要はそれくらいに痛いのです。

・性生活もできるようになるまで時間がかかる

帝王切開でも、自然分娩と同じように、痛みがなくなるころが性生活を再開していい目安ではあります。しかし、一般的に自然分娩で性生活を再開していい目安である、1ヶ月よりは時間がかかります。本人が痛くないことが一番大事ですが、帝王切開でのだいたいの目安としては6週間くらいです。

・傷跡が残りやすい

お腹を横に切るか、縦に切るかにもよりますが(横のほうが次回妊娠時の子宮破裂の確率が少ないですが、傷は残りやすい)、炎症を抑える塗り薬や、傷跡専用テープでケアしないと傷跡が残りやすいです。体質によってはケロイド状になることもあります。

・次回妊娠時に前置胎盤になる可能性が上がる

理由は不明ですが、帝王切開で出産した後に妊娠すると、胎盤が子宮口をふさいでしまう、前置胎盤になる確率が上がります。そのため、次回出産も帝王切開を選択せざるを得なくなることがあります。

・次回妊娠で子宮破裂の可能性が高まる

子宮を切開するわけですから、自然分娩の人よりも、その後の妊娠で子宮が破裂する可能性が高まります。子宮破裂のリスクを回避するため、次回の妊娠でも帝王切開となることが多いです。

帝王切開で生まれた赤ちゃんは本当にアレルギーが多いの?

昔の研究では、帝王切開で生まれた赤ちゃんは、アレルギー・アトピー・ぜんそくが多くなるとされていました。けれど、最近の研究になるほど、その説は否定されつつあります。

特に、今年に入っての研究では、アレルギーとの関連性は完全に否定されています。

アレルギーに関しては、皮膚からアレルゲンとなりうる物質を吸収すると、その物質のアレルギーになりやすいことが判明しています。

皮膚科の方面では、赤ちゃんが離乳食を始めるときは、赤ちゃんの皮膚から食べ物が吸収されるのを防ぐため、口周りにベビーワセリンを広く厚く塗っておくことが勧められているほどです。

逆に言うと、出産の仕方より、離乳食をあげるときの工夫の仕方のほうが、よっぽどアレルギーのなりやすさに影響するといえます。産む方法より、産んでからの育て方がはるかにアレルギーのなりやすさに影響するのです。

アトピーのなりやすさについても、2017年の研究で否定されています。赤ちゃんのアトピー予防に確実に効果があるのは、赤ちゃんの肌のまめな保湿なので、出産方法についてアレコレ言ったり思い悩んだりするよりも、沐浴後の赤ちゃんの体にしっかりベビーオイルを塗りましょう。

ぜんそくに関しては、帝王切開だとほんの少し増えるかもしれないと2017年の研究で言われていますが、本当にわずかです。

昔の研究で、帝王切開だとアレルギー・アトピー・ぜんそくが多くなると言われていた理由は、膣内の細菌叢(膣内フローラ)にあります。自然分娩だと赤ちゃんが膣を経由して生まれてくるので、膣の細菌叢(膣内フローラ)が赤ちゃんの体について定着し、それが赤ちゃんを守るといわれていたのです。

ぜんそくに関してだけは、これは、ある程度事実かもしれないのですが、帝王切開で生まれた赤ちゃんに軽率に膣粘液を塗るのはいけないとされています。膣粘液は、自然分娩で赤ちゃんが出会う膣内フローラと異なる細菌叢であるだけでなく、赤ちゃんに塗りつけると、赤ちゃんにB群連鎖球菌などの病原菌がつく可能性があるためです。

どうしても赤ちゃんにお母さん由来の細菌叢を伝えたいのなら、膣粘液を塗るより、生まれたての赤ちゃんと普通にスキンシップをとるほうが、はるかに重要だとされています。

まとめ

・帝王切開と自然分娩は総合すれば同じくらい痛い

・帝王切開はとにかく産後の回復に時間がかかる

・帝王切開は赤ちゃんや母体を守るための出産の仕方で、楽をするための出産の仕方ではない

・帝王切開はメリットもあるが、デメリットも相当に多い

・帝王切開で生まれた赤ちゃんがアレルギーにかかりやすいという説は否定されている

・同じくアトピーにかかりやすいという説も否定されている

・ぜんそくは関連性があるかもしれないが、あったとしてもほんの少し

・アレルギーやアトピーについては、産み方より育て方がよほど大きな因子

帝王切開での出産について、概要を理解していただけたでしょうか?

帝王切開で産む人は、自然分娩で産む人と同じくらい大変です。どんな産み方であっても、同じ苦しみをともにする、同じママ友なのです。産み方で『ああだから』『こうだから』と決めつけないで、仲良くやっていきましょう。

最終更新日:

この記事を書いたライター

かぞいろは編集部さん

かぞいろは編集部は20〜30代の男女4名体制で記事の企画や制作を行っています。育児にゴールや正解なんてない。頑張ることが当たり前で、誰かが褒めてくれるわけでもない。だからこそ育児の輪を自分たちで広げていきたいなと思っています。

かぞいろは編集部さんの記事一覧