産まれる

タンスの肥やしを増やさないために知っておきたい本当に必要なベビー服とその枚数

  • #ベビー服

春の日差しが差し込むオシャレなカフェ。

その一角、全員が眉間にしわを寄せ、碇ゲンドウポーズをキメる、ドレスコードがあるなら即刻つまみ出されそうな形相でテーブルを囲む女が4人。

店内ではオシャレBGMが流れているというのに、さながらそこだけターミネーターのテーマが流れていそうな物々しい雰囲気。

この4人、全員が1歳の子どもを持つママ。子どもの年齢は一緒でも春生まれ、夏生まれ、秋生まれ、冬生まれと生まれた時期はみんな違っています。

春生まれベビーママ(以下、春ママ)「えー、皆様、本日集まっていただいたのはほかでもない。私たちのように産前にベビー服を爆買いして余計な出費をするという悲しいプレママ・プレパパを出さないためにも、これよりベビー服仕分け会議を始めたいと思います

夏ママ、秋ママ、冬ママ「うっす、オナシャス(低音)」

こうして始まったベビー服仕分け会議。

そう。何を隠そうこの4人。

ママと言っても子どもは一人だけ、つまりこれまで育児経験はゼロでした。

全員がどの服をどのくらい買っていいか分からず、服可愛さに爆買いした結果、タンスの肥やしを量産して旦那に叱られた経験者なのです。

【議題その1】短肌着(活躍時期 お誕生すぐ~生後3ヶ月ごろ)

お腹まで隠れるサイズで赤ちゃんの下着の役割をする短肌着。

5~8枚くらいあればとりあえず足りるよと言われがち。

春ママ「私は汗で着替えが多くなる夏と、洗濯物が乾きにくい梅雨を見越して多めに10枚くらい買ったんだけど、買いすぎた感があった。秋には生後半年くらいになってて首も座ってたからボディスーツの肌着に切り替えてたよ」

夏ママ「私は最初5~6枚買った。すぐ秋になるだろうし、そんなに汗かかないって思ってたんだけど赤ちゃんの新陳代謝なめてたわ…。汗もそうだけど吐き戻しが多くて足りないなって思ったから買い足して、結局10枚近くあったかな。でも私も10枚は使わなかったわ

秋ママ「秋生まれちゃんは最初5~6枚あればいいよ~って聞いてたから鵜呑みにして少ししか用意してなかったの。汗かきでお着替えはそんなになかったんだけど吐き戻しとかよだれとかで洗濯行きになるのが多くて…。秋生まれも10はいらないけど7~8あれば足りるんじゃないかなって思う

冬ママ「うちの場合は、季節的にあんまり汗かかないかなって思ってたんだけど、最初、何をどのくらい着せて室温をどのくらいにすれば寒くないか全然わからなくて汗かきでお着替え多かった…。ジジババからたくさんもらって10枚くらいあったと思うけど、結果的に5~6枚で十分って感じ

総評:

春生まれ 5~8枚

夏生まれ 5~8枚

秋生まれ 5~7枚

冬生まれ 5~7枚

同じく下着の役割をするボディスーツ(後述)と合わせて最低でも5枚は必要。

どのシーズンでも計8枚あれば十分だと考えられます。

汗で着替えが多くなる春・夏生まれベビーには少しだけ多めに用意すると安心ですね。

【議題その2】長肌着(活躍時期 お誕生すぐ~生後3ヶ月ごろ)

短肌着の長いバージョンで足まで隠れる肌着。

短肌着の上に着せるものですが、カバーオールやコンビ肌着のおかげで存在感は薄め。

春ママ「長肌着は2枚くらいあったけど、使ったのは最初だけだったなあ…。コンビ肌着の方がデザイン可愛いんだもん…」

夏ママ「分かる。というか、私一度も使ってないわ

秋ママ「私はちょっと使ったんだけど、股下のスナップがない分、おむつ替えのとき便利だったな。でも正直、長肌着の利点ってそれだけじゃない?」

冬ママ「超分かる。足をバタバタさせ始めたらお腹冷やすんじゃないかと思って結局コンビ肌着とかに頼っちゃうよね」

総評:

春生まれ 0~2枚

夏生まれ 0~2枚

秋生まれ 0~3枚

冬生まれ 0~3枚

おむつ替えはとてもラク。

しかし、その分はだけやすいので足をバタバタさせるようになったらお役御免。

用意する場合は3枚以下で大丈夫。なくても全然OK。

【議題その3】コンビ肌着(活躍時期 お誕生すぐ~生後半年)

長肌着と同じく、短肌着の上から着せるもの。

重ね着させてもOKですし、暑いときはこれ1枚でも◎。

長肌着と違い足の部分にスナップボダンがあるので足を動かしてもはだける心配はない。

春ママ「超使った。デザインが、THE赤子!って感じで可愛くてついついたくさん買ったなあ…。ゆったりしたデザインで通気性もいいから夏が終わるまで重宝した。私はたくさん買っちゃったけど4枚あればいいかなって思う

夏ママ「分かりみしかない…つい買っちゃうよね。夏生まれも4~5枚あればちょうどって感じだったな

秋ママ「同意。長肌着とどっちがいいのかわからなくて最初お試しで長肌着3枚、コンビ肌着3枚で買ってみたんだけど圧倒的にコンビ肌着の方が可愛いからつい着せちゃう。でもすぐに冬になったから割と早めにカバーオールに切り替わったかも

冬ママ「うちも早めにカバーオールに変えたよ。冬はあったかそうな2wayオールとかロンパースとか、そっち買っちゃうよね

総評:

春生まれ 3~5枚

夏生まれ 3~5枚

秋生まれ 2~3枚

冬生まれ 2~3枚

風通しのいいゆったりシルエットなので春~夏ベビーには重宝する傾向。

お試しで1~2枚買って、好みや季節に応じて買い足したり2wayオールやロンパース(どちらも後述)に切り替えたり選択すると◎。

冬生まれベビーであっても1枚はあって損はないですね。(もちろん部屋は暖かくしてね)

【議題その4】ボディスーツ(活躍時期 お誕生すぐ~生後12ヶ月)

海外ドラマの赤ちゃんがよく着ているのを見る。もちろん日本でも広く活躍中。

ノースリーブ、半袖、長袖、前開きタイプ、頭から被るタイプとバリエーション豊富。

足を覆う部分がないので着せたときのムチムチのあんよがたまらない。

春ママ「これ最高に使った。うちの子、夏には短肌着卒業して半袖のボディスーツ1枚で過ごしてたわ」

夏ママ「me too!うちの子の場合、これを着せるころには肌寒くなってたからボディスーツ+もう1枚着せてたけど、季節1周して1歳の誕生日迎えるころ家の中ではボディスーツ1枚だった

秋ママ「デザインも種類も多いし何より使いやすいよね。暑い時期は1枚で着れるし、寒くなったら下穿かせたり、下着としても着せられるとか神アイテムすぎる

冬ママ「わかる。ボディスーツ最強。足の部分がないから重ね着させてももたつくことないのが素晴らしい」

総評:

春生まれ 短肌着と合わせて5枚~

夏生まれ 短肌着と合わせて5枚~

秋生まれ 短肌着と合わせて5枚

冬生まれ 短肌着と合わせて5枚~

どの時期に生まれた赤ちゃんでも短肌着と合わせて5枚以上になるように買っておけば当面困ることはないはず。

1枚で着るも良し、重ね着させて良しのボディスーツは本当に使い勝手に優れていて、1歳前までの服はボディスーツが主戦力になってくれるでしょう。短肌着を卒業するまでは少なめでも大丈夫なので、月齢や季節に合わせて買い足していくとグッド。

新生児期~ねんね期から使いたい場合は前開きタイプを買うとお着替えもスムーズです。

ボディスーツがあれば短肌着いらなくない?という意見も出ましたが、通気性ではゆったりデザインの短肌着に軍配が上がるので手持ちの服や季節と相談しながら買うと良さそうですね。

【議題その5】2wayオール(活躍時期 お誕生すぐ~生後6ヶ月)

ロンパースと混同されやすいですが、股下のスナップの止め方でズボンタイプとワンピースタイプに切り替えができるのが特徴です。ロンパースよりも早くから使えるので長きにわたって活躍してくれます。

“ドレスオール”とも呼ばれていて「紛らわしいから統一しろ」と育児初心者の多くからブーイングが飛んでいます。

春ママ「家の中では短肌着+コンビ肌着のことが多かったから、ねんね期のお出かけ用に2~3枚持ってたくらいかな。そんなに多く買わずともすぐにロンパースとかセパレートタイプのお洋服に切り替えるよね。まあ私は見た目の可愛さに爆買いしたんだけどね!」

夏ママ「私、生後すぐから着せたくて半袖の2wayオール買いまくってたんだけど、コンビ肌着が優秀すぎてそっちばっかり着せてたし、頻繁にお出かけできるようになった頃はすっかり暑さが落ち着いちゃって慌てて長袖のロンパース買ったよ…

秋ママ「うちの子の場合はそこそこ使ったな。ねんね期は短肌着+2wayオールが基本スタイルだった。寒ければこれに上着着せて調整してたよ。愛用しすぎてロンパースとかセパレートの服着せ始めたのはちょっと遅めだったかも」

冬ママ「私も結構使ったよ。秋~冬生まれの子はコンビ肌着よりも2wayオールの方が頼りになるよね。寒い時期に生まれた子なら比較的長く使える印象あるなあ

総評:

春生まれ 2~3枚

夏生まれ 2~3枚

秋生まれ 3~5枚

冬生まれ 3~5枚

春・夏生まれの子の場合、2wayオールはお出かけ用に少しだけ買うのが良さそう。もちろんお部屋で着せてもOKですが、季節的にもお部屋の中ではコンビ肌着でも十分かと思われるので大量に買わずとも足りるはず。

コンビ肌着と比べると保温性が高く秋・冬ベビーは長く使うことが予想されるので少し多めに買っておくと良さそうですね。

ちなみに、牛柄の2wayオールを着た赤ちゃんは最強に可愛いという意見で満場一致しました。

【議題その6】ロンパース(活躍時期 生後3ヶ月~生後6ヶ月)

体全体を包み込む上下一体型の服。クレヨンしんちゃんに登場するひまわりちゃんの服はだいたいロンパース(足が出ている夏服はボディスーツですね)。

多くのデザインがあるので季節に合わせたものが選べます。

頭から被るタイプの他、前開きのタイプもあるので首座り前から使用OK。つま先まですっぽりとカバーするものもありますが靴下で体温調整してあげる方がおすすめです。

“カバーオール”とも呼ばれていて「紛らわしいから統一しろ」と育児初心者の多くがブチ切れています。

春ママ「生後3ヶ月ごろから使い始めたんだけど、2wayオールも現役だったから買ったのは3枚くらい。ロンパース卒業したのは生後6ヶ月ごろかな。ちょうど秋も深まってきたころだったからあったかいセパレート服買いまくったんだよね」

夏ママ「私の一番の散財の原因がこいつ。さっきも話した通りなんだけど、暑くて外出控えてたからねんね期はホントにコンビ肌着で十分だったんだよ…。暑さが落ち着くのと一緒にコンビ肌着卒業時期迎えたからロンパースは結構買ったな。ざっと思い出すだけでも5枚以上は買ったと思う」

秋ママ「私はさっきも話した通り。2wayオールが長く活躍してくれて着せ始めたのは生後5ヵ月とかそのくらいから。おうちでは上着着せたり、エアコンとかお布団で調整してたから外出用にあったかいの2枚くらい買ったくらいかな

冬ママ「ロンパースの必要枚数難しいよね…。うちも2wayオールの息が長くて、あったかい2wayオール+上着+靴下って感じで場面に合わせて重ね着させてた。あんまり外に出なかったってのもあるけど、冬はそれで十分だったよ。春先にようやく春用のロンパースをちょっと買ったくらい」

総評:

春生まれ 季節に合わせて1枚~

夏生まれ 季節に合わせて1枚~

秋生まれ 季節に合わせて1枚~

秋生まれ 季節に合わせて1枚~

ロンパースの活躍時期は2wayオールと同じく生後6ヶ月ごろまでなので基本的に2wayオールと選択でOK。季節に合わせたものを少しだけ買い足せば十分足ります。

夏ママのように季節の変わり目と同時にお洋服のレベルアップ時期を迎える方は少し多めに買う必要がある場合も。お部屋では2wayオール+αで体温を調節してあげて、ロンパースはお出かけ用に数枚だけ購入すればお財布にも優しいのではないでしょうか。

【議題その7】セパレート(活躍時期 生後6ヶ月~)

大人と同じように上下に分かれているお洋服のこと。

ハイハイ期、つかまり立ち期、あんよ期とベッドからお部屋へ冒険に行けるようになるとロンパースのように上下が繋がったお洋服は卒業を迎えます。

ここから一気にお洋服のバリエーションが豊かになるのでお着替えが楽しくなりますが、超散財ポイントなので気をつけましょう。

春ママ「うちの子がセパレートデビューしたのは秋ごろ…生後6ヶ月になるあたりだったかな。ちょうど寒くなり始めたから試しに3セットずつ買ったよ

夏ママ「うちの子もセパレートデビューは生後6ヶ月くらいだったけどまだまだロンパースは現役だったから半々くらいの頻度で着せてた。ロンパースを完全卒業したのは春先。ロンパース+ボディスーツが基本装備だったけど、1歳前の夏ごろのおうち服は一周回ってボディスーツオンリーだったなあ。春先に合わせて長袖+ズボンを4セットくらい買ったけどすぐ暑くなっちゃってあんまり着せなくて、すぐ半袖のセパレート服買いに行った覚えがあるわ…

秋ママ「それ私も。家だとボディスーツ1枚とかあるあるだよね。うちの子の場合、セパレートデビューが春だったんだけど、それと同時に保育園に入園が決まったんだよね…。だから保育園でのお着替え用に3セット、家での着替え用に3セットずつ買ったから結構出費痛かった…

冬ママ「うちの子がセパレートデビューする頃はすっかり夏になってて、外出用に3セット買ったよ。でも子ども服にテンション爆上がりのジジババが2セットくらい追加で寄こしたんだけど結局家には5セットくらいあったかな。汗かいたり食べこぼし飲みこぼしで着替えること多かったし結果的にちょうどよかったかも」

総評:

春生まれ 上下3セット

夏生まれ 上下3セット

秋生まれ 上下3セット

冬生まれ 上下3セット

どの季節に生まれた子でもまずは季節に合わせて上下3セットくらいからスタートして、季節や月齢、保育園の有無に合わせて買い足していくのが良いでしょう。

セパレートのお洋服はデザインもサイズも豊富でとても可愛く、うっかり子ども服沼にハマる人が続出。可愛いからと爆買いするとすぐにサイズアウトして泣くことになるので、まとめ買いするときは少し先の季節や子どもの体格を考えたものを買うとグッド!

【議題その8】その他

・靴下

春ママ「ねんね期はいらなくね?

夏ママ「せやな。ずりばい期からは必要だったけど…

秋ママ「畳とかジョイントマットに引っ掛けて足の爪割れるもんね」

冬ママ「いらないと分かってても手が伸びるんだよなあ…新生児用のあのちっちゃさはずるいでしょ…」

総評:

あせもの原因になるので、お布団の上で過ごすうちは不要。

ハイハイが始まるようになってから履かせれば爪が割れるのを防いでくれますが、履かせるはお部屋の温度は涼しいくらいにセットしてあげましょう。

外出時はお洋服で十分な保温ができていれば無理に履かせなくてもOKです。

余談ですが、靴下履かせないままお出かけするとどこからともなく湧いてくる「靴下履かせてもらえないの可哀そうババア」を撲滅したいという意見で満場一致しました。

・帽子

春ママ「絶対いる

夏ママ「お耳ついてるの可愛い」

秋ママ「カンカン帽もニット帽も映えるんだよなあ…」

冬ママ「わかる…」

総評:

可愛いand映えるというという意見で異議なし。

夏の暑い時期にお外に出るのであれば紫外線対策としても有効なのでお出かけ用に季節に合わせたものを1つ用意しておくと良さそうです。

・セレモニードレス

春ママ「退院とお宮参りの時しか使ってない…」

夏ママ「むしろ1度も使ってないわ」

秋ママ「レンタルで良くない?

冬ママ「買ったけど退院とお宮参りのとき使って即メルカリ行きになった」

総評:

よっぽどのことがない限り、着せるのは退院時とお宮参りの2回だけ。

こだわりがなければレンタルやフリマアプリを活用すれば十分。

セレモニードレスを着た赤ちゃんが採れたての牡蠣に見えるのは私だけでしょうか。

・上着

春ママ「セパレートデビューした秋に合わせて1枚買ったよ」

夏ママ「私も寒くなってから1枚買ったけど1枚で十分だったなあ

秋ママ「私は2枚買ったよー。おうちで着せるための薄手のものと、お外用の少しあったかいやつね」

冬ママ「私も2枚!秋・冬ベビーは家用と外用があるといいよね」

総評:

季節に合わせて1枚はあると便利。

秋・冬ベビーは家用と外用で薄さの違うものを2枚用意すると使い勝手も◎!

寝相が悪くなってきたなと思ったらスリーパーを着せてあげると寝冷えの心配もなくなります。

※↓できれば使いたい息子氏(なくてもOKです)

まとめ

初めて育児をする人にとって、ベビー服は似たり寄ったりで未知の領域。

何が必要?何枚買えば足りる?この服の役割は?いつから着れる?

全然知らないがゆえにたどり着くのが、可愛いしとりあえずいっぱい買っちゃえ!だと思うんです。分かる…分かるよ…!

でもね、毎日傍にいるママでさえ毎日顔が違うってわかるくらい猛スピードでグングン成長していく赤ちゃんはお洋服の入れ替えも激しいんです。だから調子に乗って買いすぎるとすぐに収納がパンパンに。

しかもお肌に優しい素材を使っているから布の面積のわりに大人の服顔負けのお値段がするのもまた事実。サイズアウトが早い分、中古品も多いのでメルカリやラクマ、ジモティーなどフリマアプリを活用するのも賢い選択肢のひとつです!

どのお洋服でもそうですが、上でご紹介した枚数を参考にしつつ、必要な分だけ少しずつ買い足していくのがポイントです。

ダイナミックに体を動かせるようになるセパレートデビュー後は、離乳食でベタベタにしたり外遊びで泥んこにしたりと洗濯が追い付かないレベルで汚されます。嫌でも大量に買うとき必ず来るので、まだきれいに使ってくれるお誕生~半年は本当に気に入ったものだけをちょこちょこ買いましょう!

タンスの肥やしを量産して叱られる方がママさんが一人でも減りますように…!

この記事を書いたライター

はやしさんちのおよめさん

クルマとバナナを愛する1歳の男の子のママ。なにかと保育園からお迎え要請が来る。園からの着信音はターミネーター。

はやしさんちのおよめさんの記事一覧